マリナーズ、監督やGMの報酬を削減

 米大リーグで菊池と平野が所属するマリナーズが、サービス監督やディポト・ゼネラルマネジャーらの報酬を削減すると12日、地元紙シアトル・タイムズ(電子版)が報じた。開幕の遅れで減収となる中、10月31日の契約期限まで一時解雇などを避けるため。報酬が年間6万ドル(約640万円)超なら最低2割を削減し、高額の場合は削減の割合も増すという。(福井浩介)