もしかしたらダルビッシュ有かも?カブスの球団10万得点目は誰の手に?

引用元:J SPORTS
もしかしたらダルビッシュ有かも?カブスの球団10万得点目は誰の手に?

『MLB.com』が現地26日付で掲載した記事によると、現在メジャーリーグの全球団で最も多く得点を記録しているのはカブスであり、シカゴの古豪は球団創設以来、これまで合計99,248得点を挙げているとのこと。

メジャー史上初となる、1球団による10万得点は近い将来カブスにより達成されるのはほぼ確実であり、可能性は高くないながら、ダルビッシュ有にも攻撃面で球団史の1ページに名を刻むチャンスがあるというわけである。この節目の球団10万得点について、くだんの記事では次のように考察しており、そこには右腕の名前も挙がっている。以下、記事の抜粋である。『ナショナルリーグに在籍するシカゴの球団が初めて得点を記録したのは1876年4月25日のことであり、このときは2回に相手のエラーにより21歳の外野手、ポール・ハインズが生還した。(当時、球団はホワイトストッキングスという名称であり、その後、コルツ、更にはオーファンズと名称を変え、現在のカブスになった)。カブス史における直近の得点は昨年9月28日のもので、このときは8回にニコ・ホーナーによる左翼への犠飛でデビッド・ボートが生還している(カブスは翌日の試合で得点できず、カーディナルスに対し、0-9の敗戦でシーズンを終えた)。この2得点の間に約150年が経過し、その間、カブスは7つの球場を使用し、2度の世界大戦を経験し、2千人以上の選手たちが球団のユニフォームに袖を通すなか、レギュラーシーズンで更に99,246得点を挙げており、これは野球の歴史のなかで初の大台達成へ、残りがわずか754得点となったことを意味する。カブスが次にフルシーズンをプレーする機会を得たとき、彼らはほぼ間違いなくメジャーリーグ史上初めて10万得点に到達した球団になるのである。では、誰が10万得点目を記録するのか?ここで話は少し込み入ってくる。2020年シーズンがどうなるか分からないので、時期を予想することはできない。ここは、“今年がどうなるにせよ、2021年のいつか”と言っておこう。

1/2ページ