井端弘和から見たセ・リーグ注目選手。 阪神は「この2人が打てば優勝」

井端弘和から見たセ・リーグ注目選手。 阪神は「この2人が打てば優勝」

井端弘和「イバらの道の野球論」(14)前回の記事はこちら

 今季のプロ野球は開幕が延び、交流戦後のリーグ戦再開予定日だった6月19日以降で調整が進められている。練習試合の再開は早くて5月7日。各球団も活動休止、自主練習など対応がわかれている。

【写真】平田良介が語る根尾昂の打撃。「まだアイツの中で土台ができてない」

 かつてない状況で行なわれるペナントレースで、チームの浮沈を左右する選手は誰なのか。侍ジャパンの内野守備走塁コーチを務める井端弘和氏に、まずはキャンプ、オープン戦を見た中でのセ・リーグ6球団の注目選手を聞いた。 ――昨年のペナントレース上位チームから注目選手を伺っていきます。まず、5年ぶりにリーグ優勝を果たした巨人は誰になりますか?

「4年目の吉川尚輝ですね。腰のケガの状態もあるので全試合に出場することは難しいかもしれませんが、規定打席をクリアするくらい出られれば、打線はかなり強力になります」

――打順は、昨年の開幕時と同じように1番でしょうか。

「そうですね。吉川、坂本勇人、丸佳浩、岡本和真と4番までを固められたら、5番以降は新加入の(ヘラルド・)パーラ、亀井義行、中島宏之など打線が組みやすくなります。さらに、8番などに打撃がいい捕手の大城卓三が入るとなると、打ち勝てる試合は昨年よりも増えるでしょう。

 足が速い吉川はリードオフマンで生きる選手。様子を見ながら6番や7番などで起用しても、相手チームにとってもそこまで脅威にはなりません。吉川が難しい場合は亀井が1番で起用されると思いますが、そうなると5番以下が少し迫力不足になる感は否めない。どれだけ吉川が1番で出場できるかが、リーグ連覇、日本一への大きなカギになると思います」――昨年2位の横浜DeNAの注目選手は?

「”ポスト筒香嘉智(レイズ)”として、4番を任せられる可能性が高い佐野恵太です。彼のバッティングはすばらしいですね。ただ、まだシーズンを通して試合に出た経験がない点は不安材料になります。まして4番となればプレッシャーが大きく、チームの調子が悪くなれば自分を追い込んでしまうかもしれない。そういう意味で、梶谷隆幸、宮崎敏郎、(ネフタリ・)ソト、(ホセ・)ロペスなど、前後を打つ打者を含めた他の選手たちのカバーが重要になります」

――佐野選手は昨年、89試合に出場して打率.295、5本塁打を記録しました。打撃のどういった点が「すばらしい」のでしょうか。

「キャンプで実際に見ましたが、パワーはもちろん、当てる技術も兼ね備えています。まだ25歳で、あれだけのバッティングができる選手は他の球団にもなかなかいません。しかし先ほども言ったとおり、スタメンで毎日活躍できるかとなると話は別です。代打で起用される選手は疲労が蓄積しにくく、ベストなコンディションで打席に入りやすいですから。試合を重ねていく中で、スタメンでも安定して結果が残せるようになってくると、筒香が抜けたことを感じさせない強力打線になると思います」

――続いて、終盤の奇跡的な追い上げで3位になった阪神はいかがですか?

「打者の両外国人、(ジャスティン)・ボーアと(ジェリー)サンズでしょうか。”たられば”は言いたくないですが、この2人が打ったら阪神がリーグ優勝すると思います。昨年はルーキー近本光司の活躍もありましたけど、やはり投手力でAクラス入りしたチームですから、打線がよくなれば自然と勝ちが増えるはずです」

1/3ページ