巨人・坂本は満身創痍…2000本安打や五輪金が先かパンクが先か

巨人・坂本は満身創痍…2000本安打や五輪金が先かパンクが先か

 巨人は25日、春のキャンプを打ち上げた。

 背中右側の違和感でキャンプ終盤のオープン戦を欠場した主将の坂本勇人(31)は「僕は少し良くないですが、チームは順調に来ています。今年は昨年の優勝の喜びと日本シリーズでの悔しさを胸に1年間頑張っていきます」とあいさつした。

 坂本は独自の調整が許されるファームの「S班」でスタートした。

 しかし、宮崎1次キャンプ中にインフルエンザA型を発症して離脱。自主トレ中の1月にもインフルエンザB型に感染しており、2カ月連続の不運に見舞われた。その後、復帰して沖縄・那覇2次キャンプに帯同したものの、23日に右背中の違和感を訴え、別メニュー調整が続いていた。

「正直、良くない。野球人生の中で一番調整できていないと思うけど、開幕は待ってくれない。何とかいい状態で迎えられるようにという一心」

 そう悲壮感を口にした坂本。原監督はこの日、29日と3月1日のヤクルトとのオープン戦2連戦で実戦復帰させると明かしたが、チーム関係者がこう言う。

「高卒2年目の19歳でレギュラーに定着してから、体の強さと故障の少なさを武器に君臨してきた。そんな坂本も30代になり、下半身から腰、そして背中にも故障を抱えるようになってきた。今年は東京五輪もあるだけに、原監督は心配で仕方ない。負担を少しでも減らすために三塁コンバートなどのプランを温めているが、代わりに遊撃を守る後継者が出てこない。危ないと分かっていても、多くの重荷を背負わせ続けないといけないのが、原監督の悩みの種です」

 今年は巨人だけでなく、東京五輪を戦う侍ジャパンでも、三塁転向は見送られる方向。しばらくは守備範囲の広い遊撃を守り通さなければならないのだ。

 さらにあと116本に迫る通算2000安打達成の最年少記録がかかっている。東京五輪では稲葉監督に主将級の働きも期待される。そしてシーズンに戻れば、昨季果たせなかった「日本一」の奪回である。もし果たせなければ、空白期間が「8年」となり、球団ワーストを更新することになる。

 坂本にとって、多少どこかが痛くても逃げられないシーズン。2020年は満身創痍の体との戦いになりそうだ。