日本、三回に一挙6点 韓国との決勝前に集中打―野球プレミア12

引用元:時事通信

 この日の2次ラウンド最終戦、そして17日の決勝と2日連続で韓国と対戦することになった侍ジャパン。決勝に向けて意味のある「前哨戦」にしたい稲葉監督は試合前、「隙を見せないように全力で戦う。とにかくあした勝つために、ということを考えていく」と意気込みを語った。

 その指揮官の思いに応えるように、打線が奮起した。1―1の三回。先頭の坂本勇が左越えの二塁打で出塁すると、丸が投前へのバント安打で好機を広げた。そして、4番鈴木が二塁後方に落ちる適時打を放ち、「勝ち越しの場面で打ててよかった」。

 さらに浅村、吉田正も安打を放ち、5連打を披露。打者10人で一挙6点を奪った。この回、中前適時打を放った会沢は「何とかつなぐ気持ちで打った」。2次ラウンドでは先の3試合とも3点どまりだった打線が、猛攻を仕掛けた。

 先発の岸が韓国打線につかまり、4回6失点で降板する誤算。一筋縄ではいかない日韓対決で序盤に集中打を見せ、決勝を前に打線が強烈なインパクトを残した。