【プレミア12】侍ジャパンに敗れた韓国 キム監督は17日決勝に集中「重要な試合は明日」

引用元:Full-Count

■日本 10-8 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のスーパーラウンド最終戦の韓国戦を戦い、10-8で勝利した。同点で迎えた3回に打者一巡の猛攻で一気に6点を奪って突き放すと、韓国の反撃を何とか凌いで逃げ切った。17日に行われる決勝の前哨戦となった試合に勝ち、決戦に弾みをつけた。

【動画】鈴木→外崎→甲斐と完璧な中継プレー! 侍ジャパンが失点を阻止した“美技”の一部始終を公開したWBSC公式ツイッターの実際の投稿

 韓国はこの日、前日のメキシコ戦からスタメン5人を入れ替え、主力の多くを“温存“。さらに先発には、今大会で1イニングだけしか投げていなかったイ・スンホ投手を先発。翌日に控える決勝を見据えて戦力を落とし、侍ジャパン打線に10点を奪われて敗れた。

 敗戦後、キム・ギョンムン監督は「今日の試合勝ったら良かったが重要な試合は明日控えている。選手のコンディションを考えた。明日の試合を楽しんでいきたい」と語り、あくまでも重要な試合は17日の決勝だという考えを語っていた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani