上原浩治氏「いつか球界に還元できるように頑張ります!」急逝の野村氏に誓う

上原浩治氏「いつか球界に還元できるように頑張ります!」急逝の野村氏に誓う

 元巨人で大リーグ・レッドソックスでも活躍した上原浩治氏が12日、ブログを更新。南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務め、11日に急逝した野村克也氏を追悼した。

 TBS系列の番組で共演経験のあった両者。上原氏は笑顔で映るツーショット写真、野村氏から受け取った表彰状とともに、「野村さん…」のタイトルであふれる思いをつづった。

 「いきなりの訃報を聞いて、何と言ったらいいのか…。凄い悲しいし、野球界にとって惜しい方を亡くしたなって思いますよね」と、ショックの大きさをにじませた上原氏。野村氏も上原氏をかわいがっていたようで、「ここ数年は生番組には出ないって聞いてたんですが、自分が出るときは夜遅いのに、いつも局の方に来ていただいて嬉しかったです。後から聞いたんですが、上原が居るなら行くって言ってくれてたみたいです。足腰も悪くなっていたのに…」と振り返った。

 野球談義に花を咲かすことが多かったとし、「上原のインコース真っすぐを投げるときの気持ちは素晴らしいと…。逆に自分は野村さんの格言って言うのかな、言ってることは好きだったなぁ。よく本も買いました。浪人時代にも読んでました」。そして、「もっと一緒にボヤキ合いたかったです。月見草と雑草と…。レベルが違いますが、同じ匂いがする、似た者同士で…。同じ19番としてもね」と、突然の別れを惜しんだ。

 野村氏から受け取った表彰状には「日米で培った経験を球界に還元してくれることを期待し…」と記されており、「いつか球界に還元できるように頑張ります!!ゆっくり休んでください。そして、ありがとうございました」と感謝の思いとともに誓った。