楽天 久米島キャンプMVPは18歳ドラ2・黒川 三木監督「想像以上だった」

 楽天のドラフト2位・黒川史陽内野手(18=智弁和歌山)が、9日に打ち上げた沖縄・久米島での1軍の1次キャンプのMVPに選ばれた。この日、けが人を出すこともなく1次キャンプの日程が終了。三木肇新監督は「キャンプの点数はいならい。○か×かで言えば○。選手が元気よく前向きに取り組んでくれた」と満足そうに振り返った。

 その上で、キャンプMVPについては「全員が気になったけど、強いて挙げるのなら1年目の黒川。高卒でどれぐらいできるのかと思っていたけど、想像以上だった」と指名した。「ポスト浅村」として期待される大型内野手で、非凡な打撃センスの持ち主だ。当初は1次キャンプ終了のタイミングで2軍に合流させる方針だったが、11日からの沖縄・金武町での2次キャンプでも引き続き1軍に同行することが決まった。

 石井一久GMは「自分のパフォーマンスを見せてくれている。バットを振る体力がある。実戦を何試合か経験させたい。試合の中でどれだけ振れるのかを見てみたい。若い選手が出てくることはチームにとってプラスになる」と抜擢の理由を説明した。MVPに選ばれた黒川は「(久米島で)やりたいことはできた。さらに頑張りたい。新人らしく元気を出してやっていきたい」と話した。