山本浩二さん、ぼうこうがんと肺がんの手術告白 「4回手術したが、こうして元気」と解説者再開へ

山本浩二さん、ぼうこうがんと肺がんの手術告白 「4回手術したが、こうして元気」と解説者再開へ

 プロ野球広島東洋カープの元監督で「ミスター赤ヘル」で知られる山本浩二さん(73)が7日、ぼうこうがんと肺がんの手術を受け、闘病していたことを明らかにした。

 巨人のキャンプ地、宮崎市を訪れ、告白した。「二つのがんに侵されて4回手術をした。こうして元気にしており、あとはリハビリぐらい」と終始、明るい表情で話した。転移はしておらず、今後も野球解説者として活動する。

 山本さんは昨年4月に鹿児島であった巨人―広島戦のテレビ中継で解説を務めて以降、長期療養していた。 中国新聞社