【プレミア12】侍J坂本、2番起用で復活3安打1打点「チームに迷惑をかけた。少しホッとした」

引用元:Full-Count

■日本 3-1 メキシコ(プレミア12・13日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームで行われた「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦に3-1で勝利した。この日「2番・遊撃」で起用された坂本勇人内野手(巨人)は5打数3安打1打点。初回には先制点の口火を切り、2回には3点目を加えるなど得点に絡む活躍をみせた。

【動画】眠れる男・坂本が攻守で復活! 逆シングルキャッチから強肩スローでアウトとした坂本の美守映像

 初回の第1打席で左前安打を放ち、2点の先制点の足がかりを作ると、2回には1死一、二塁の好機で2番手ゴンザレスから左中間に抜ける適時打を放ってリードを広げた。4回の第3打席は空振り三振に倒れたが、6回の第4打席で三遊間を破り、この日3本目の安打となる左前安打を放った。

 前日12日のアメリカ戦では7番で起用されるも、4打数無安打に倒れ、チャンスで3度の凡退とブレーキをかけていた。今大会は調子が上がらず、11日のオーストラリア戦には不出場、代わりに源田が遊撃を守っていた。そんな中での2番起用について、稲葉篤紀監督は「守備を決めて打順を組んだときに2番がいいんじゃないかと。この大会、沖縄から合流して練習する姿を見ても、ウエート場でいろんなトレやったり、ここまでしっかり調整してきた姿をずっと見てきた。大事なところで生きてくると」と説明した。

 指揮官の信頼に応えた坂本は「先に点を取りたい状況だと思ったので、点に絡めて良かったです。なかなか先制点を取れていなかったので、2番として出塁できたのはよかった。昨日はなかなかチャンスでいいバッティングができずチームに迷惑をかけたので、少しホッとしました」と安堵の表情。「内容はよくなかったですが、なんであれヒットを打てるのは気持ち的には楽になる」と、次に繋がる3安打となったようだ。

 チームは2日間の休みを挟んで、16日に4試合目の韓国戦を迎える。「土日も同じように、いいパフォーマンスを出せるよういい準備をしたいと思います。やっぱり韓国は強いチームなので、チーム一丸となって勝つだけです」と力を込めた。

臼井杏奈 / Anna Usui