ヤクルト山田哲が5億円でサイン…大リーグ挑戦は「想像にお任せ」

 ヤクルトの山田哲が24日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、7000万円増となる年俸5億円でサインした。自身の昨季の年俸4億3000万円を超え、日本人選手として球団史上最高額となる。

 今季は打率2割7分1厘、35本塁打、98打点、33盗塁の成績を残したが、自身4度目のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)には届かなかった。チームも最下位に低迷し、「納得のいくシーズンではなかった」と振り返った。

 順調にいけば来季にも国内フリーエージェント(FA)権を取得する見込みで、球団からは複数年契約が提示されたが、「FA権を取るまでは単年で、と決めていた」と1年契約を選択。将来的な米大リーグ挑戦については、「想像にお任せします」と明らかにしなかった。(金額は推定)