阪神・村山実監督への脅迫事件/週ベ回顧

阪神・村山実監督への脅迫事件/週ベ回顧

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

まさかの阪神・村山実監督誕生に吉田義男が憤る/週ベ回顧 阪神・村山実監督への脅迫事件/週ベ回顧 表紙は阪神・田淵幸一

捕まった犯人は「これでゲームセット」とニヤリ

 今回は『1970年2月2日号』。定価は70円。

 阪神に村山実兼任監督が就任し、吉田義男が追い出されるように退団。これに怒った吉田ファン(らしき者たち)が球団事務所、球団社長宅だけでなく、村山の自宅にも脅迫じみた電話をかけていた。
 一人、執拗な男がいて、いつも、
「オレは姫路のアライという男だ。先輩の吉田を差し置いて監督になるとは何事だ」
 と言っていたという。さらにこのアライという男、村山に脅迫状まで送り始めた。
 最初は球団にも黙っていた村山だが、警察に相談するしかないと思ったのは1月9日の電話だった。
「村山か、決闘場所は俺が決めるからいうことを聞け。俺はお前と対決する。逃げたら子どもを狙う」
 というものだった。

 球団に報告すると、すでにこの男のことは知っていた。球団事務所に押しかけ、
「オレはアライだ。吉田をどうするのか。社長と村山を殺し、子どもも殺してやる」
 と言っていたらしい。

 その後、警察に届けると、すぐ逮捕された。過去に傷害や脅迫で何度もつかまりながら精神鑑定の結果、釈放されていたという。
 つかまったときアライは、
「これでゲームセット」
 と言ってニヤリと笑ったらしい。

 背番号12だった巨人・柴田勲が背番号7になった。
「背番号を変えただけで、別にどうなるもんじゃないけど、ひとつの転機ですからね。心を入れ替えて、一つ頑張ります」
 また、カープではヘッドコーチの関根潤三に続き、広岡達朗のコーチ就任を発表した。
 
 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM 週刊ベースボール