マエケン 日本選手の移籍について語る「対戦する時は特別な感情に」

マエケン 日本選手の移籍について語る「対戦する時は特別な感情に」

 ドジャース・前田健太投手(31)が23日、都内で「エステプロ・ラボ」のブランドアンバサダー就任発表会に出席した。今オフはDeNAからポスティングシステムで筒香がレイズに移籍、同制度を利用し巨人・山口もブルージェイズ移籍で合意するなど、複数の日本選手の移籍が注目されている。両軍とは来季レギュラーシーズンで対戦はないが「凄くうれしい。日本選手と対戦する時は特別な感情になる。食事に行けば情報交換してプラスにもなる」と歓迎した。

 特に筒香については「体が大きく、パワーとうまさがある。自分を変えずに対応できる打者の一人」と活躍に太鼓判。広島時代の後輩・菊池涼や、西武から海外FA権を行使した秋山も同様にメジャー移籍を目指しており「秋山は同学年で仲が良い選手。対戦する機会があればうれしいし、楽しみ」と語った。

 メジャー4年目の今季は10勝を挙げ、ポストシーズンでは救援で活躍したが、先発へのこだわりは強い。課題の左打者対策へ「持っている球種で変化を加えたい」と進化を見据えた。(柳原 直之)