167キロ剛速球でも育成頼みのチアゴ・ビエイラ【巨人の“難アリ”新外国人】

 3日に巨人が獲得を発表したブラジル史上4人目のメジャーリーガー、チアゴ・ビエイラ投手(26=ホワイトソックスからFA=188センチ、95キロ、右投げ右打ち)はどんな選手なのか。

 17年8月にメジャーデビュー。3年間で計23試合に登板し、2勝1敗1セーブ、防御率7・36。167キロの剛速球を投げるというが、それでも点を取られている。スポーツライターの友成那智氏はこう言った。

「まず制球に難があります。今季出場した3Aでは計47回3分の1で22四球、4死球です。次に投げ方。フォームがオーソドックスで、フォーシームの割合が最も多い。典型的なフライボールピッチャーだけに、制球が甘ければ本塁打を打たれやすい」

 故郷ブラジルの野球文化は日本人移民がもたらした。「ブラジルで日本人コーチの指導を受けたことがあり、日本の文化や習慣にもなじみがあります」と本人がコメントしたように、環境には順応しやすいはずだ。

「ここ3年続けてメジャーで投げていますが、9月に枠が広がってから昇格したわけではありません。シーズン序盤や中盤に抑え候補として上がっています。3年目に悪い結果が続いて見切りをつけられた格好ですが、メジャー首脳陣を納得させるものが確かにあったはずです」(友成氏)

 まだ26歳。170キロ近い剛速球に加え、伸びしろという武器があるにはあるが年俸は5500万円。育成含みの獲得だろうし日本で大化けするかどうかは育て方次第か。