広島・大瀬良、1億7500万円で更改「沢村賞取る」

 広島・大瀬良大地投手(28)が11日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、3000万円増の年俸1億7500万円でサインした。4日に1億4500万円で更改した中崎を抜き、球団の日本人投手最高年俸となった。

 「金額のことは考えていなかった。(球団に)言っていただいた数字で満足しています」

 自身初の開幕投手を務めた今季は、11勝9敗、防御率3・53。両リーグ最多の6完投をマークするなど奮闘した。来季は完投数増、そして、今年該当者のいなかった沢村賞を目標に掲げた。

 「一度は取ってみたいタイトル。個人としてはそこを目指したい」

 今オフは直球の球質向上がテーマで、阪神・藤川の代名詞「火の玉ストレート」が理想。ペナント奪還、日本一へ、名実ともに鯉のエースに成長した右腕が先頭に立って走り続ける。