楽天・辰己、背番号が8に変更で「伝説の番号にしていきたい」

 楽天・辰己涼介外野手(22)が4日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、700万増の年俸2200万円でサインした(金額は推定)。

 新人ながら今季124試合に出場し、打率・229、4本塁打、25打点。チームトップの13盗塁を記録した。球団から守備での貢献度は評価を受けたが、本人は「打撃面であまり打てなかった。打撃面でも評価されるようにしたい」と来季の課題を口にした。

 来季は背番号が「7」から「8」へ変更となるが「8はセンターの番号で、学生の時から着けていた愛着のある番号」とし、「今江さんの番号を引き継ぐことになる。8を伝説の番号にしていきたい」と意気込んだ。

 機動力を重視する三木監督が目指す野球への適応も、課題の1つ。盗塁数に関しては「最低でも30盗塁はしたい。そこを最低ラインとして、盗塁王を争えるところまで持っていきたい」と宣言。来季の優勝を目指すチームで「キーマンになりたい」と話した。