日本ハム 上沢は1000万円減、初の開幕投手も6月に左膝骨折 復活へ懸命リハビリ

 日本ハムの上沢直之投手(25)が29日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、1000万円減の6000万円プラス出来高払いでサインした。(金額は推定)

 プロ8年目の今季は初の開幕投手を務めたが、6月18日のDeNA戦(横浜)で打球が左膝の皿を直撃し、左膝蓋(しつがい)骨を骨折。来季の復活を目指してリハビリに取り組んでいる。ダウン提示となったが出来高払いが付加され、上沢は「球団が寄り添ってくれる気持ちを感じた。頑張れば(ダウン分を)取り返せると言ってもらった」と話した。来週をめどにジョギングを開始予定。「一番遅くても(ケガから1年の来年)6月18日までに復活したい」と先を見据えた。